在宅介護と施設介護

「大切な家族を最期の時までしっかりと介護してあげたい」
それは多くの方が望むことです。

できれば住み慣れた我が家で、という願いもあるでしょう。

ですが近年では、介護している側が疲れてしまう、所謂「介護疲れ」が問題となっています。

介護は家族のものではありますが、家族だけで解決するものではありません。

在宅介護の場合も、デイケアなど外部のサービスで専門のスタッフに看てみただくことができます。
そのようなサービスをうまく利用しながら無理のない介護をするというのが、介護する側・される側にとっても良いといえるでしょう。

一方、介護施設での暮らしは、暮らしやすい設備があり専門スタッフがいるので、安心して暮らすことができます。
ただ、費用面ではどうしても在宅介護よりは高額になってしまいます。
また要介護度などの入居条件によっても入居可能な施設も異なりますし、人気の施設は入居待ちとなることがあります。

ここではまず、在宅介護と介護施設を利用した介護(施設介護)についての比較をしていきます。
みなさんの状況・希望に合った介護を見つけていきましょう。

在宅介護と施設介護のメリット比較

在宅介護 施設介護
本人が家族のそばで安心できる 専門家によるケアで安心
自由度が高い 介護者の負担減
費用は安く済む 家族の負担減で、本人の気持ちも楽になる

在宅介護と施設介護のデメリット比較と対策

在宅介護
デメリット デメリットへの対策
夜間介護の負担 →24時間または夜間対応型訪問介護サービスの利用。
徘徊など、周りに被害がある可能性
介護者の負担(精神・時間・肉体的) →専門スタッフに相談、介護サービスの一部利用
専門家の不在
施設介護
デメリット デメリットへの対策
費用が高い →初期費用の負担が0円、月額使用料も。
所得に合わせて利用できる施設もある。
雰囲気が合わない、楽しく過ごせない可能性 →事前見学、体験入居で細かく確認しておく。
(例)既入居者の健康状態、部屋の向き、有料老人ホームではクーリングオフ制度もある。