介護施設の種類

【A】有料老人ホーム(3種類)(1)介護付き有料老人ホーム

日常生活動作と言われる、食事や排泄、整容、移動、入浴などにおいて、介護サービスが利用できる施設のことを介護付き有料老人ホームといいます。
介護職員・看護職員が常駐しているというのが一番の特徴です。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
高め すべて 対象 部分的 終身
予算

介護付き有料老人ホームの多くは、初期費用・月額利用料の両方が必要になります。施設によってかなり差がありますが、施設の場所や設備、ケア体制にこだわるほど高額になると思っていた方が良いでしょう。

入居条件

介護付き有料老人ホームは、以下の3種類に分類されています。
・自立型…入居時に自立生活ができることが条件である施設
・介護型…要支援、要介護であることが条件である施設
・混合型…上記2型とも入居可能な施設
これらの条件の他に、施設によっては身元引受人がいないと入れない、感染症にかかっていると入れないなどの条件が独自に設けられているところもあります。

入りやすさ

介護付き有料老人ホームは圧倒的に施設数が多いので、条件に合った施設が見つかれば入居は難しくありません。ただ人気の施設では入居待ちになることもあるので、早めに探し始めることをお勧めします。

認知症

基本的には対象としています。

共同生活

レクリエーションが豊富にあり、サークル活動も盛んです。その他食事やおやつは入居者全員で食堂で行うため、共同生活が求められる部分も多くあります。

期間

混合型では、入所時は自立して生活できた方の介護度が進んだときにも対応できるので、終身利用できる安心さがあります。自立型は自立して生活ができる方が対象ですので、介護が必要になった時には原則退去しなくてはなりません。一方介護型は、介護を必要とする方が対象で自立して生活できる方は対象ではありません。

【A】有料老人ホーム(3種類)(2)住宅型有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとの最大の違いは、介護スタッフの常駐はなく外部サービスを利用するという点です。外部サービスを利用するため、要介護度が高いと費用が高くなる可能性があります。よって自立して生活することができる方から軽度の要介護認定を受けられた方に向いているといえます。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
高め 軽度の
要介護度まで
対象外 部分的 終身
予算

介護付き有料老人ホームと同じように、初期費用・月額利用料の両方が必要になります。中には、入居者の年齢・身体の状態によって適切なプランを選べるよう、複数の料金プランが設定されている施設もあります。

入居条件

基本的には自立した生活を送れる方から軽度の要介護度の方向きではありますが、外部の介護サービスを受けることもできるので、入居者の身体状態にはある程度幅があります。施設によっても異なりますので、事前に確認が必要です。

入りやすさ

住宅型有料老人ホームは、年々増え続けています。条件に合うところを見つけられれば、入居は難しくはありません。

認知症

対象外の施設がほとんどです。

共同生活

レクリエーションは多数あり、施設によっても異なります。居室にキッチンや浴室がついているところもあるので、個人の時間も取りたい方にはお勧めです。

期間

終身利用ができますが、重度の介護が必要になった場合は、外部サービスを利用するので費用が高額になってしまうおそれがあります。

【A】有料老人ホーム(3種類)(3)健康型有料老人ホーム

介護を必要とせず、自立した生活が送れる方向けの有料老人ホームです。「今は元気だけど一人は不安」という方の入居が多いです。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
自立 対象外 一部 一定期間
予算

多くは、初期費用・月額利用料の両方が必要になり、他の有料老人ホームよりは高めの設定がされています。

入居条件

自立した生活を送ることができる方が対象です。介護が必要となった場合は、退去せざるを得ない場合もあります。

入りやすさ

健康型有料老人ホームは数自体が少ないため見つけることは困難ですが、費用も高額になることから、他の有料老人ホームに比べて入居希望者が少ないので、条件が合えば比較的入居できる可能性が高いです。

認知症

対象外の施設がほとんどです。

共同生活

施設内に生活を楽しむための設備やレクリエーションも多数あります。個々で過ごすというよりは、仲間を作って楽しみたいという方向きです。

期間

介護が必要になると退去しなくてはならないので、一定期間といえるでしょう。

【B】特別養護老人ホーム(特養)

公共団体が運営する老人ホームであり、要介護3以上の入居条件があります。重度の要介護者にも対応しているため、手厚い介護が受けられます。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
要介護
3以上
× 対象 必要 終身
予算

初期費用がかからず、月額利用料のみとなります。本人と扶養義務のある家族の状況によって負担額が変わります。一般的に収入や資産が少ない方が優先されます。

入居条件

要介護3以上の方が対象です。

入りやすさ

満室の施設が多いため、待機人数が多いのが現状です。

認知症

対象です。

共同生活

個室だけでなく、多床室もあります。キッチンやトイレは共同の施設が多いため、共同生活は必要となります。

期間

終身利用が可能で、滞在期間が長いのも特徴です。

【C】養護老人ホーム

自立して生活できる方が対象で、身体・精神・経済的な理由で自宅での生活を送ることができない方が対象です。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
低め 自立
審査次第
対象外 必要 一定期間
予算

本人と扶養義務のある家族の状況によって負担額が変わるため、無理のない範囲での負担となります。

入居条件

自立して生活を送ることができる方のみが対象です。

入りやすさ

定員に対して空きはあるものの、審査が必要となるので簡単に入居できるとはいえないのが現状です。

認知症

対象外です。

共同生活

原則的に個室ですが、食堂や浴室、トイレは共同です。最近ではレクリエーションにも力を入れている施設もありますので、みなさんで生活を楽しめるような改善対策が取られています。

期間

介護が必要となった時には退去しなくてはなりません。

【D】サービス付き高齢者向け住宅

サ高住と呼ばれるサービス付き高齢者向け住宅は、高齢者支援サービス、バリアフリー機能が施され、費用も有料老人ホームよりは比較的安価で入居できる賃貸式の施設です。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
軽度の
要介護度まで

比較的易しい
対象外 不要 賃貸借が基本
予算

賃貸借契約になるため、初期費用は敷金礼金がかかります。月にかかる費用としては、家賃・水道光熱費、管理費、食費など一般的な賃貸物件と変わりはありません。

入居条件

自立して生活を送ることができる方から要介護度が軽度の方が対象になります。重度の要介護認定を受けた方ですと、入居できない可能性があります。

入りやすさ

最近は施設数が増え、入居しやすくなりました。低価格の施設・立地の良い施設などは人気も集中するため、気になった施設には早めに問い合わせをしましょう。

認知症

対象外です。

共同生活

一般的な賃貸住宅と変わりがないため、個々での生活を楽しみたい方に向いているといえます。

期間

賃貸借契約なので、重度の要介護状態にならなければ契約をし続けることが可能です。

【E】グループホーム

グループホームとは、認知症の高齢者が専門スタッフによる介護を利用しながら、少人数で共同生活を送る施設のことです。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
高め 要支援
2以上

入所待ちも有り
対象 必要 終身
予算

多くは、初期費用・月額利用料の両方が必要になり、立地・設備・ケア体制によって負担する費用にはかなり幅があります。

入居条件

要支援2以上の方が対象となります。地域密着介護サービスですので、施設と同じところに住民票がある方が対象です。

入りやすさ

施設数が少ないうえ、一施設に入居可能な人数も少ないため、入居待ちになることが多々あります。

認知症

対象です。認知症の高齢者に特化しています。

共同生活

ひとつ屋根の下、少人数で暮らします。第二の家族のような関係を目指しているといえるでしょう。

期間

原則的には終身利用が可能です。

【F】軽費老人ホーム(ケアハウス)

主に家庭の事情で一人暮らしをしなければならない、身寄りがない方を対象に、比較的安価な費用で利用でき、サービスの幅も選べる施設です。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
低め 要支援まで
一部 難
対象外 施設による 一定期間
予算

本人と扶養義務のある家族の状況によって負担額が異なります。施設によっては保証金が必要になるところもありますが、初期費用がかからないところも多いです。

入居条件

60歳以上の単身者、もしくは夫婦のどちらかが60歳以上であり、身の回りのことが自分でできる、共同生活ができる、月収が34万円まで、などの条件があります。
A型からC型に分類され、利用できるサービスも異なるので、条件に合った施設を見つけると良いでしょう。
・A型…食事サービスあり
・B型…食事サービスなし
・C型…食事サービスあり、重度の要介護状態も受け入れ可能

入りやすさ

施設によって異なるというのが、ケアハウスの注意したいところです。A型~C型によって入居者層も異なるので、施設に問い合わせてみましょう。

認知症

対象外です。

共同生活

B型は食事の提供がないので、居室にキッチンがあります。それぞれの型によって、共同生活の幅は変わります。

期間

原則的には終身利用が可能です。

【G】介護老人保健施設(老健)

「老健」と呼ばれる介護老人保健施設は、数か月間の中でリハビリ訓練を行い、在宅生活復帰を目指す施設です。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
低め 要介護
1以上
対象 一部 一年未満
予算

初期費用は必要ありません。月額利用料は、居室などの設備によって変わり、その負担額は本人と扶養義務のある家族の状況によって異なります。

入居条件

要介護1以上の方が対象となります。また病状が安定していることも条件の一つになります。

入りやすさ

平均在所期間が短いので、少し待つ可能性はありますが、入所するのは難しくありません。

認知症

対象です。

共同生活

リハビリ施設、食堂など他入居者と顔を合わせることが多いです。また居室も多床室が多くあるので、施設によっては共同生活が必要となるでしょう。

期間

在宅生活復帰を目指す施設ですので、長くても1年未満といったところでしょう。

【H】介護療養型医療施設(療養病床)

重度の要介護状態にある高齢者を対象に、充実した医療と介護サービスを提供する施設です。医療法人が運営していて、比較的費用も安価で済む場合があります。

予算 入居条件
(要介護度)
入りやすさ 認知症 共同生活 期間
高め 要介護
1以上
× 対象 必要 終身、長期
予算

初期費用はかからず、月額利用料がかかります。医療負担額は他の施設と比べると大きくなりますが、本人と扶養義務のある家族の状況によって異なります。

入居条件

要介護1以上の方が対象となります。

入りやすさ

新設されていない現状から、ほとんどの施設では定員を満たしているのが現状です。
待機人数は施設によって異なりますし、複数の施設に申請するということも視野に入れましょう。

認知症

対象です。

共同生活

多床室が多いので、共同生活は必要となります。

期間

医療処置も十分に施されるため長期利用ができたり、施設によってはターミナルケア(終末期医療)対応のところもあります。
一方特別養護老人ホームのように終身利用が前提ではないため、中には状態の改善とともに退去を求められることもあります。